仕事のストレスの原因

仕事でストレスを全く感じていないという人はいないでしようが、ストレスの蓄積が原因で仕事を続けられなくなったという体験談は存在しています。仕事をする人は、どういう時にストレスを覚えるものなのでしょうか。ストレスで最もよくあるものは人付き合いです。ストレスの原因に人間同士のつき合いがあることは定番ですが、近年では仕事の現場での人同士の問題にも昔にないものがあります。雇用の不安定化や非正規労働者の増加により持続的な人間関係を築きにくいのもその原因のひとつです。一人一人に仕事を割り振り、それぞれが自分のパソコンで仕事をすることで、話し合いのチャンスが減っています。個別に分担した作業をすることが増えたために、上司のケアもしづらくなっています。ストレスの背景には、成果主義によってシビアに個人を評価されるようになったこともあります。人づきあいの基本となる挨拶や、言葉を交わす行為を重く見ない人も多くなっています。正規で働く人が減って、正社員にプレッシャーが重くのし掛かるようになり、その結果ストレスを強く感じることもあります。かつての日本は長期安定雇用や充実した社会保障に守られ安心して仕事をすることができました。終身雇用制が成り立たなくなった昨今では、将来のことを考えると不安でストレスが消えない場合もあります。ストレスの一つに、景気の悪い今、せっせと働いても一向に将来が好転する見通しが立たないこともあります。

女性が仕事でストレスをためない方法

第一線で働く女性が多くなっており、それに伴ってストレスを蓄積している人がたくさんいるようです。女性がストレスを感じずに仕事をする環境をつくるには、どうすればいいでしょう。ストレスを溜める原因は職場の人間環境だといいますが、愚痴の多い人の聞き役になるとストレスがたまります。今まで自分では気にならなかった人の行動も愚痴を聞いているうちに自分まで気になってしまうこともあります。誰かが誰かの悪口を言いはじめても、参加しないほうがストレスを回避できます。さりげなく席を立つか、話が早く終わるように誘導するなどして、愚痴タイムは短く済ませましょう。仮に、仕事中の出来事などでストレスを持て余すようなことになってら、トイレなど1人になれる所に移動して、気持ちを入れ替えます。これから何を、どんな順番でするのか、それだけを考えるようにしして、感情は一時的に脇に置きます。仕事以外で楽しいことを見つけて、趣味でリフレッシュしましょう。好きなことに集中している時は、仕事でのストレスを横に置いておくことができます。ストレスが蓄積している時でも、趣味のことをやれば心が晴れるという状態にもなれるでしょう。仕事場にはどんな人でも苦手な人や嫌いな人がいるでしょう。合わない人と無理やり仲良くする必要はありません。要は、仕事をする時に問題がないくらいの会話が成立すればいいのですから、それ以上は必要ありません。ストレスの少ないコミュニケーションを心がけ、仕事を円滑に進めていきましょう。

仕事のストレス解消法

大抵の人は、規模の大小はともかくとして、ストレスを感じながら仕事をしているようです。ストレスが蓄積するままにしていると、そのせいで心身を悪くすることがあります。貯め込んだストレスを軽くするには、何をするといいでしょう。仕事のことを考えすぎてストレスが溜まっている人がいます。気持ちを楽にするための時間、作業をする時間、ものを考える時間の区切りを明確にするといいでしょう。常に同じことをぐるぐる考えていても先には進みませんので、深く考える時間をつくり、それ以外の時間は考えないようにします。特定の人がストレスの原因になっているという場合は、ストレスを感じにくくなるように、苦手な人からはそれとなく距離をとります。苦手な相手だけれど仕事で関係するという人は、1メートルは離れていたほうがいいでしょう。ストレスで心身のバランスを崩してしまわないように、仕事をしない時は気持ちを完全に別方向に持っていくようにします。あまりにも仕事のストレスがたまっている人は、いったん職場から離れて本物の休憩を取るようにしましょう。希望のある考えや言葉を使うこと、楽しく、前向きな気持ちになれるよう心がけること、睡眠時間をきちんととることなどが仕事のストレス対策です。働いていれば仕事のストレスはあるものですが、精神や体の健康のためにもストレス対策につとめましょう。